ようこそ松中のホームページへ!
 

経営方針

平成31年度 教育経営方針

校 訓

盡   己
己を尽くす  ベストを尽くす  一生懸命する


1 めざす学校像
 (1)未来・社会に開かれた学びの場
 (2)深い学びと感動がある学びの場
 (3)温かい人間関係を築く場
 (4)三者(学校、家庭、地域)協働による子育ての場

2 めざす生徒像
 (1)学び(授業、行事、部活動)に感動し、人に感動を与えられる生徒
 (2)美しいもの、一生懸命な姿に感動する生徒
 (3)未来を見据え、主体的に課題を解決する生徒
 (4)さわやかな挨拶ができる生徒
 (5)学校行事で、しっかり歌って、歩ける生徒

3 めざす教師像 
 (1)授業、行事、部活動で勝負し、生徒とともに感動できる教師
 (2)生徒が登校したくなる人間性豊かな教師
 (3)教育のプロとして、絶えず指導方法を改善し、組織力を発揮できる教師
 (4)常識ある社会人、地域の一員である教師
 
 
 
                 「学校教育目標」達成に向けての実践
 校訓「盡己」の具現化をめざします。学校教育目標「すべてのことに全力で取り組む生徒の育成」のために、教師自身が常に向上心を持って、研鑽を積みます。新学習指導要領の趣旨を踏まえ、カリキュラム・マネジメントに取組み、「知・徳・体」の調和のとれた学校教育を展開します。また、生徒を座標軸に据えて常に指導を改善し、個々の生徒の長所を見つけて自己有用感を伸ばす子育てを、家庭、地域とともに進めます。

1 「一生懸命勉強する」生徒の育成
  「知識・技能」(見える学力)と「思考力・判断力・表現力」「学びに向かう力、 人間性」(見えない学力)を授業、行事、部活動で並行して育てます。
  授業、行事、部活動をとおして得られる達成感、満足感、自信を前向きな意欲につなげます。
 (1) 深い学びを実感させる授業実践
  ① 生徒の実態を踏まえ、学習指導要領の趣旨に沿った授業の実践
     生徒を座標軸に据え、授業アンケートを実施するとともに、主体的、   
     対話的な学習活動を工夫し、生徒の深い学びをめざす(アクティ
     ブ・ラーニング)。
  ② 本時の目標・まとめの明示
          授業の「ねらい」を明示するとともに、授業後の「まとめ」や振り返りに
     よる評価を行い、指導と評価の一体化を図る。
  ③ 授業者ならではの「見せ場・工夫」の設定
     学習と生活とのつながりを明確にし、授業者ならではの手立て・工
     夫を授業の展開に設定する。
  ④ 生活と学習を関連づけ、主体的な学習態度を育成する
     自主学習ノートを活用したり、主体的にスケジュールマネジメントす
     る力を養う。
  ⑤ 全員授業を公開し、授業研究会を実施
     教科部会を定例的に開催し、相互に指導案を検討するとともに、全  
     教員が年に1回、授業を公開する。学期に1回、研究授業と事後研
     究会を実施し、授業力向上と授業を観る眼の向上をめざす。
 (2) 生徒の自己有用感を高め、感動する行事、部活動の実践
  ① 競争意識を持った行事、部活動
    一生懸命に取り組み、お互いが切磋琢磨できる環境づくりを、教師
    が意図的・計画的に行う。
  ② 学習意欲や生活意欲につながる行事、部活動、ボランティア活動
    達成感・満足感が実感でき、自信をつけることによって、学習意欲や
    生活意欲につなげる。
2 「優しい心を持つ」「感動する」生徒の育成
 (1) 考え、議論する特別の教科「道徳」の充実
   ① 心を豊かにし、考えを深める授業を目指した研修の充実
  ② 生徒の変容を見取る個人内評価の工夫
 (2) 行事、部活動による人間形成
  ① 教師が生徒とともに達成感、満足感を実感できる行事、部活動
  ② 教師が率先して競争意識を持って取り組む行事、部活動
  ③ 自己存在感、幅広い人間関係を育む行事、部活動
  ④ 礼儀、規律、忍耐力、思いやりの心を身につけることができる行事、
    部活動
  ⑤ 行事、部活動をとおした教師と生徒との信頼関係づくり
  ⑥ ノー部活デーによる計画的、効率的な部活動
  ⑦ しっかり歌えて歩ける行事
  ⑧ 厳粛で感動ある入学式、卒業式などの儀式的行事
 (3) 個々の生徒と向き合い心の通い合う生徒指導
  ① 授業をとおした生徒と教師の信頼関係に基づく生徒指導
  ② いじめ、体罰のない学校づくり
  ③ 保護者と教師の協力関係による生徒指導
  ④ 関係機関およびSC、SSWとの積極的な連携
 (4) 特別支援教育の推進
  ① 「個別の指導計画」に基づく「個別の教育支援計画」を活用した継続
    的な支援
  ② 交流学級、学年、学校全体でのインクルーシブ教育
  ③ 特別支援教育支援員と連携した普通学級における個に応じた支援
 (5) 生徒会活動の活性化
  ① 生徒の自主・自立(自律)を目指した活動
  ② いじめ防止など、仲間づくりのための活動
    ③ 地域と連携したボランティア活動
 (6) 健全な食生活の推進
  ① 中学校給食による食育の推進
  ② 家庭と連携した「早寝、早起き、朝ご飯」の実践
  ③ 教科学習をとおした食に関する自己管理能力の育成
3 開かれた・信頼される学校経営
 (1) 学校運営協議会の参画による学校経営(コミュニティ・スクール)
  ① 学校経営方針の承認
  ② 学校経営に関する意見の反映
   ③  ワークショップ・プログラムを活用した協働体制の具現化
 (2) カリキュラム・マネジメントの展開
   ①  教職員の学校経営への参画意識の醸成
  ② 自己評価、学校関係者評価に基づく学校経営
  ③ 学校評価を活用しPDCAサイクルが機能した学校経営
    ※ PDCA「計画(Plan)・実践(Do)・評価(Check)・改善(Action)」
 (3) 保護者、地域との積極的な連携
  ① 土曜オープンスクール(土曜授業)の実施
  ② 「松中地域ボランティアサポーター制度」による積極的な地域行事
    への参加
  ③ 「すこやかネットまつざき」事業による幼・小・中の交流